FC2ブログ
駿河湾 タチウオ 太刀魚 静岡 吉田 うたれ 焼津 貴政 丸 たかまさまる 仕掛け 竿 エサ 船 針 ルアー 夜光シラス スリルゲーム 無限ピュア ホーム » 未分類 »タチウオ仕掛け編

タチウオ仕掛け編  

fc2blog_20180703222824248.jpgfc2blog_20180703222851892.jpgfc2blog_20180703222904de5.jpg

YOZURIの夜光シラスが廃盤のようで店舗にある商品が最終在庫のようです。最近は夜光シラスの足先をタコベイトの2.0号ほどに合わせるようにカットしています。夜光シラスの利点は発光量が多くヘッドが硬いのでタチウオの歯が当たってもちぎれにくいです。下田製の方が発光量が少なく、YOZURI製の方が発光量が多く、ヘッドは堅い、足先は夜光が入ってないです。YOZURIの夜光シラスが廃盤になったので下田製のみしか販売されなくなります。
今週は台風の影響でおやすみなのでタチウオの仕掛けなどをブログにアップしたいと思います。

今回はYOZURIの夜光シラスを使用しています足先をカットし針に夜光シラスの足がかからないように夜光パイプの長さを調整します。針の結び方はなんでもよいですがなるべくコブができ、針先が真っ直ぐになるようにしたほうが良いです針はカルティバのストレートフックの2/0~1/0号を使用しています ベストは3/0なのですが現在のエサが小さめで細めに切ってあるので少し小さめの方が綺麗にエサが刺しやすいです。 ちもとのコブの部分もなるべくだして方が良いです(現在ハリス20号以上のナイロン)を使用しているためタチウオの歯が当たっても簡単には切れません チューブでコブと針を固定するとエサに針を縫い刺ししにくくなるためコブを出しています。最後に夜光玉はハードの大きめを使い夜光シラスまたはタコベイトを固定して完成です。(夜光玉は大きめで玉の内径が大きいものを使わないとハリスが通らなくなるため注意してください)
簡単にまとめると 
1夜光シラスを2.0号のタコベイトサイズに足先をカットする
2パイプをカットした夜光シラスと同じサイズにする
3針にハリスを結ぶ(なるべく柔らかいナイロンがベスト、太くても安いので経済性も良い)
4パイプ→夜光シラス→夜光玉の順でハリスに通す 夜光玉を一周回して固定して完成 
タコベイトも固定派と非固定派がいるみたいなのですが自分は固定派です。夜光シラスを今回紹介していますがタコベイト&パイプも使います。
竿についてですが、現在のタチウオは巻いてる最中や水面で暴れることが多く少し硬めの竿だとバラすことが多いです 普段から使っている竿が当たりも取りやすくて、掛けやすく、慣れているので良い部分もあると思いますが
新製品の235/100号は既存の245,215と比べてバランスが良く置き竿手持ちどちらにも使いやすい 先調子タイプ80号は手持ちや細かい当たりをとるのに適しています。正直どっちも買ってもいいかなくらいに思っています。店舗で実際に見ることをおすすめします。
関連記事

category: 未分類

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://takamasamaru.blog.fc2.com/tb.php/1042-eb518366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

▲ Pagetop